エスタックスパートナーズは、お客様の最適なパートナーであるために公認会計士、税理士、社会保険労務士、中小企業診断士、不動産鑑定士などの様々なエキスパートを集めたプロフェッショナル集団です。それぞれが知識と経験をいかして、お客様の問題解決にあたります。お気軽にご相談ください。
エス・タックス ニュース
  • HOME »
  • エス・タックス ニュース

第三者への事業売却で税制措置要望  経産省、エンジェル税制では設立5年未満に要件緩和を

経済産業省は、第三者への事業売却による事業承継を税制措置で支援することを要望。売り手には譲渡益課税の軽減、買い手には不動産取得税・登録免許税の軽減等を想定も、実現するかは未知数。 経済産業省の令和2年度税制改正要望では、 …

法人所得金額は5年連続過去最高を更新  景気上昇に伴う配当所得の増加等で、源泉所得税額が2年連続の増加

平成30事務年度における法人税の申告所得金額の総額は73兆3,865億円に増加。5年連続で過去最高を記録。 繰越欠損金控除後の黒字申告割合は34.7%(対前年度比+0.5ポイント)で8年連続の上昇。 国税庁が10月17日 …

更正の請求期限後の新たな主張はできず  審判所、5年経過後は内容の当否に関わらず採用できず

審判所、更正の請求に対する通知処分の取消しを求める審査請求において、更正請求期限の経過後に、更正請求書に記載しなかった事由を違法事由として新たに主張できず。 請求人の更正の請求は法定申告期限の5年を経過しているため、内容 …

任意額での仕入高水増し、仮装に該当  審判所、過去の仮装経理の「修正の経理」と認めず

審判所、請求人は仮装経理の「修正の経理」を行っていないと判断。請求人の代表者は、水増しした材料仕入高による帳簿書類の作成を認識しており、仮装に該当。 今回の事案は、隠ぺい又は仮装の行為をめぐり請求人が行った材料仕入高の水 …

軽減税率、税込同一価格採用も申告は別  事業者はイートインかテイクアウトかの判断が必要

軽減税率制度の導入を控え、飲食店の中には、店内飲食と持ち帰りの税込価格を同一にするところも。 ただし、店内飲食か持ち帰りかどうかの判断は必要。税務申告においては両者を区分して帳簿を作成する必要あり。 令和元年10月1日よ …

株式交付の“再編税制入り”に高い関心  非適格なら利用されない恐れ 再編税制文脈での議論は不適当との意見も

令和2年度税制改正議論のテーマとなる株対価M&Aに係る譲渡損益の繰延べ措置の本則化が実現した場合、株式交付が組織再編税制の一つとして位置付けられるのかに関心。 仮に株式交付が非適格再編とされ、対象会社において時価 …

会社法改正で株対価M&Aが本則化も  経産省が税制改正要望 「税法上の株式交付」の定義が焦点に

早ければ秋の臨時国会で成立する見込みの改正会社法で「株式交付」が制度化される方向であることを受け、経産省は、令和2年度改正で株対価M&Aの本則化を要望。 改正議論では、「税法上の株式交付」の範囲に注目。外国会社を …

上場株式の相続税評価、年平均株価等も  金融庁、令和2年度税制改正要望をまとめる

金融庁、上場株式等の相続税評価で「課税時期の前年の年平均株価」及び「課税時期の属する月以前2年間の平均株価」も認めるよう要望。 NISA奨励金、3年間毎月1,000円を限度に非課税措置を。 金融庁の令和2年度税制改正要望 …

来年10月から年調ソフトを無料配布へ  国税庁、保険料控除や住宅ローン控除申告書などが対象

国税庁は令和2年10月から年末調整控除申告書作成用ソフトウェアを無料で提供する予定。保険料控除申告書や住宅ローン控除申告書などが対象。 保険会社等から入手した控除証明書のデータを年調ソフトに取り込めば、保険料控除申告書の …

令和2年改正で消費税の申告期限延長も  通則法改正よる加算税リスクや「働き方改革」が後押し

法人税と消費税の申告実務に、申告期限の違いによる齟齬が発生。 申告期限の延長特例を受ける企業でも、消費税に申告期限の延長制度がないことから、法人税の申告調整業務を消費税の申告期限に間に合うよう行い、さらにその後の法人税の …

1 2 3 24 »

サイト内検索

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © エス・タックス パートナーズ All Rights Reserved.